1. トップページ
  2. 診療メニュー/鍼灸(はりきゅう)
  3. ‐肩こり・腰痛・関節痛‐

鍼灸‐肩こり・腰痛・関節痛‐

肩こり

このような悩みや苦痛はありませんか?

  • 慢性的な肩こりがある
  • デスクワークで肩がこる
  • 肩が上がらず着替えにくい
  • 肩を揉んでも治らない

肩こりは揉んでも良くなりません

揉めば治ると考え、マッサージや「もみほぐし」のお店へ通われている方。肩こりの原因は、肩が凝っているその部位にはありません。

本当の肩こりの原因は・・・

①「頭の重さ」という負荷が、猫背のため更に大きくなり肩に重くのしかかっている

②体の歪みで筋肉が固くなった部分があり、血流を悪くし肩の コリを生み出している

など、姿勢不良によるものです。凝っている当該箇所を揉んでも、原因が別のところにあるために、根本的な改善にはなりません。

また、自分でどうにかしようと自己流で動かし過ぎても、逆に安静にし過ぎても、症状を悪化させる場合がありますので、肩の痛みにはプロ目線での治療が必要です。

やみくもに肩を動かすのではなく、最適なストレッチ法の指導を受けることで、痛みを解消するための根拠がある運動を行えます。また、肩こりには様々な原因があります。本やインターネットで肩こり改善法を調べても、どれが自分に当てはまるのか見極めるのは、専門家でないと困難な場合もあります。

腰痛

このような悩みや苦痛はありませんか?

  • ぎっくり腰を何度も繰り返す
  • 坐骨神経痛の手術をしたくない
  • 手術後も腰痛がある
  • 長年の腰痛を諦めている

腰に少しでも違和感がある方は、そのままにしておくと悪化の一途を辿っていきます。腰痛は様々な原因がある上に、あれも、これもと原因が一つであるとは限らないのです。

当院は、腰痛の根本原因を見極め、根本から緩和していきます。

腰痛(坐骨神経痛、ヘルニア)で手術を勧められている方は、骨盤矯正をすると日常生活が送れる程度に痛みが緩和し、手術を回避できるケースが多々有ります。骨盤矯正で骨のゆがみをなおすと、体の軸も改善するので、全身のバランスが良くなります。腰痛とともに膝痛をお持ちの方も骨盤矯正を行うと、痛みが分散されるように体の軸を整え、体にかかる負荷を調整できるので、双方の痛みが軽減できます。

腰痛は腰だけでなく、以下のように他の箇所の痛みとも関係しています。

  • 腰痛を庇った膝の痛み
  • 猫背で背中がひっぱられて背中痛や腰痛を起こす
  • 手術後も腰痛がある
  • 長年の腰痛を諦めている

骨盤矯正をして骨格を整えれば、これらの痛みは解消します。体がだるい、疲れやすいという方も、腰痛改善で疲れにくい体になります。

ヘルニア

coming soon...

首痛

coming soon...

ひざ関節痛

ひざ痛

なんと!膝痛のほとんどが変形性膝関節症です。

膝痛 は、膝 の怪我や加齢によって、膝 の軟骨や骨の破壊が進んだ状態と言われています。

体重の増加や怪我などにより関節に負担がかかり、膝の軟骨が痛み、骨も変形してくる病気で、膝関節が痛み、動きも悪くなります。

なかには関節に水がたまって腫れてくることもあると西洋医学では言われます。

膝痛 の発症・悪化要因は、女性の肥満、0脚については膝痛との関係があると言われています。ひとくちに膝痛といってもいろいろあります。

急に痛み出したのなら急性関節炎、徐々に痛み出したのなら慢性関節炎と考えていいでしょう。

さらには、どんなとき膝痛がおきるかにより、病名の診断がつくこともあります。

たとえば、歩き始めや歩きすぎで痛むことが多いのなら変形性膝関節炎、階段を昇る際に痛むのなら膝蓋骨軟化症降りる際なら半月板損傷が考えられます。


膝痛の原因

膝痛は進行性が特徴です。膝には、平地を歩いているときでも体重の約3倍、走っているときには約10倍、階段の上がり下がりでは約7倍の荷重がかかります。

このように膝関節には、大きな衝撃が加わるために、障害が発生します。

原因として、老化のほか肥満、スポーツ障害、偏平足、O脚、外反母趾、重労働、半月板及び靭帯の損傷、骨折後の変形などがあげられます。膝痛を訴えている人のうち、半数以上が変形膝関節症です。特に40才以上の中高年の人の多く、圧倒的に女性に多いのが特徴です。

変形性膝関節炎ではつぎのような症状が現れます。ただし、これらの症状は、急にひどくなるものではなく、何年もかけて徐々に進行するのが特徴です。


1.膝の違和感 はじめは、ちょっとした動作から膝の違和感が始まります。膝が重たく感じ、なんとなく膝の歯車がかみ合わない感じになります。
2.膝のこわばり 起床直後、動きにくかったり、長時間座ったままでいると、関節がこりかたまったりします。症状が軽いうちは、この症状は一時的なもので、こりをほぐすように少しずつ動かしていると軽減します。ところが、重症になるとほぐれにくくなり、関節が動く範囲が狭くなってしまいます。
3.膝の痛み 症状が進行すると、徐々に痛みをともなうようになります。軽症のうちは、歩き始めや、膝を動かし始めたときに痛みます。徐々に症状が進行すると機械の油が切れたときのようなギシギシとした痛みが生じ、動かしているうちに少しずつ痛みが引きますが、動かしすぎると、また痛み始めます。
4.膝に水が溜まる 膝に水が溜まる症状(関節水腫)がおきる人もいます。膝が腫れ、水のため膝をまげようとするとはったような感触を受けます。
5.関節の変形 変形性膝関節炎は、O脚気味の人に多く見られる病気で進行するにつれ、O脚の度合いがひどくなっていきます。これは、膝の内側の軟骨がすり減った結果、体重が膝の内側にかかるようになり、重心の軸が内側にずれるためです。O脚は少しづつ進行していきます。

膝痛の原因

膝の痛みに関して、日常生活での不良姿勢、使い方に原因があると考えます。その結果、関節、靭帯、筋肉等にストレスがかかり炎症反応を起こすのです。

また、ほとんどのケースが、腰、骨盤の歪みを伴っている為、腰椎、骨盤の矯正を行い、バランスを整え膝にかかる負担を軽減しながら治します。

  • 骨盤、腰椎、股関節、膝関節、足関節の矯正
  • 膝周囲の筋肉のバランスを整えるマッサージ
  • 膝関節の動きを良くするための関節運動療法

を行います。

五十肩

40歳代以降によく発生し、肩関節(肩甲上腕部)の痛みと運動障害を引き起こす病気です。診断がはっきりわかる肩関節の病気(例えば腱板〈けんばん〉断裂、石灰沈着性腱板炎)を除く1つの 症候群で、凍結肩とほぼ同じ病気です。中高年で肩関節痛を訴えて来院する患者さんの中で最も多くみられます。男女差はほぼなく、50歳代を中心に、60歳代、40歳代の年齢の人に多く発生します。病気の原因ははっきりしませんが、何らかの原因で肩関節を上にあげる時に肩峰下滑液包(けんぽうかかつえきほう)や腱板などの動きが障害されると骨頭の動きが制限されて痛みを生じ、関節包の縮小を起こすことが肩関節周囲炎の病態と考えられています。


五十肩の原因

一般的には、繰り返し使うことにより、肩を構成する筋肉が傷つき炎症を起こすものと考えられているようですがはっきりとした原因は解っていないようです。当院では、背中の骨(胸椎)の歪みによって胸椎の動きが悪くなる事により、肩甲骨の動きが悪くなり、結果、肩周辺の筋肉にストレスがかかり続けた結果、筋肉を痛めて、炎症が出てくると考えております。


五十肩の治療

頸椎、胸椎、肩関節の歪みを矯正して歪みを治します。 歪みを治す事で、肩周辺の筋肉にかかるストレスを減らし、早く炎症を取り除きます。

足のむくみ

coming soon...

関節リウマチ

coming soon...

股関節痛

coming soon...

topに戻る